平成17年(2005年)研究業績

(学術論文)

  1. Liu M.-Y., Yang Y.-S., Sugahara T., Yasuda S. and Liu M.-C.: Identification of a novel zebrafish SULT1 cytosolic sulfotransferase: cloning, expression, characterization, and developmental expression study., Arch. Biochem. Biophys., 347, 10-19, 2005.
    (Abstract), [PubMed 15820212]
  2. Yamauchi S., Okazaki M., Akiyama K., Sugahara T., Kishida T. and Kashiwagi T.: First enantioselective synthesis of (-)- and (+)-virgatusin, tetra-substituted tetrahydrofuran lignan., Org. Biomol. Chem., 3, 1670-1675, 2005.
    [PubMed 15858648]
  3. Ohama Y., Heike Y., Sugahara T., Sakata K., Yoshimura N., Hisaeda Y., Hosokawa M., Takashima S. and Kato K.: Gene transfection into HeLa cells by vesicles containing cationic peptide lipid., Biosci. Biotechnol. Biochem., 69, 1453-1458, 2005.
    (Abstract), [PubMed 16116271]
  4. Sugahara T., Onda H., Shinohara Y., Horii M., Akiyama K., Nakamoto K. and Hara K.: Immunostimulation effects of proteose-peptone component 3 fragment on human hybridomas and peripheral blood lymphocytes., Biochim. Biophys. Acta, 1725, 233-240, 2005.
    (Abstract), [PubMed 15978734]
  5. Sugahara T., Kawashima S., Oda A., Hisaeda Y. and Kato K.: Preparation of cationic immunovesicles containing cationic peptide lipid for specific drug delivery to target cells., Cytotechnology, 47, 51-57, 2005.
    (Abstract), [PubMed 19003044]

(学会・シンポジウム発表)

  1. 加藤敬一・水岡大樹・秋山浩一・菅原卓也・真鍋太一・山崎 等・増田晴造・青儀健二郎・能勢眞人:ヒト脳腫瘍治療をめざしたイムノベシクルの創製とその担癌マウスの体内動態, 化学工学会第70年会, 名古屋, 3月, 要旨集 p. 208.
  2. 加藤敬一・竹乗秀樹・秋山浩一・菅原卓也・重川庸介・増田晴造・川久保明宏・青儀健二郎・能勢眞人:ヒト大腸癌治療に用いるESA固定化ベシクルの担癌マウスの体内動態, 化学工学会第70年会, 名古屋, 3月, 要旨集 p. 207.
  3. 菅原卓也・白石隆介・土居幹治・秋山浩一・山内 聡:クラゲコラーゲンの免疫調節活性に関する研究, 日本農芸化学会2005年度大会.(3月28-30日 札幌)
  4. 山内聡・土屋昌弘・秋山浩一・菅原卓也・岡崎百年・岸田太郎・柏木丈拡:抗ウイルス活性を有する四置換テトラヒドロフランリグナン、(-)-virgatusin及びその立体異性体の合成研究, 日本農芸化学会2005年度大会.(3月28-30日 札幌)
  5. 菅原卓也・篠原佑介・恩田浩幸・秋山浩一・中本勝教・原 和志:複合発酵乳の免疫増強効果に関する研究, 第9回生物機能研究会.(6月11日 宮崎)
  6. 重川庸介・秋山浩一・菅原卓也・増田晴造・川久保明宏・青儀健二郎・能勢眞人・加藤敬一:海藻由来の新規レクチンESA固定化ベシクルのマウスでの制癌機能 ーヒト大腸癌治療への実用化をめざしてー, 化学工学会第37回秋季大会.(9月15-17日 岡山)
  7. 加藤敬一・竹乗秀樹・秋山浩一・菅原卓也・重川庸介・増田晴造・川久保明宏・青儀健二郎・能勢眞人:ヒト大腸癌治療に用いるESA固定化ベシクルの担癌マウスの体内動態, 化学工学会第37回秋季大会.(9月15-17日 岡山)
  8. 加藤敬一・水岡大樹・秋山浩一・菅原卓也・真鍋太一・山崎等・増田晴造・青儀健二郎・能勢眞人:ヒト脳腫瘍治療をめざしたイムノベシクルの創製とその担癌マウスの体内動態, 化学工学会第37回秋季大会.(9月15-17日 岡山)
  9. 上野真史・福田勇騎・福田佑介・菅原卓也・越智ゆかり・秋山浩一・増田晴造・川久保明宏・加藤敬一:海藻由来レクチンの抗腫瘍効果およびその作用機構に関する研究, 日本農芸化学会2005年度関西・中四国・西日本支部合同大会.(9月30日-10月1日 大阪)
  10. 菅原卓也・白石隆介・土居幹治:カズノコ抽出物中の免疫調節因子に関する研究, 日本農芸化学会2005年度関西・中四国・西日本支部合同大会.(9月30日-10月1日 大阪)
  11. 越智ゆかり・新田修敏・菅原卓也:伊予緋カブ抽出物の免疫調節機能に関する研究, 日本農芸化学会2005年度関西・中四国・西日本支部合同大会.(9月30日-10月1日 大阪)
  12. 山内聡・菅原卓也・秋山浩一・丸山雅史・岸田太郎・岡崎百年・柏木丈拡:Cytokine生成抑制活性を有するセスキネオリグナンmorinolBの立体構造研究, 日本農芸化学会2005年度関西・中四国・西日本支部合同大会.(9月30日-10月1日 大阪)
  13. Omokawa Y., Akiyama K., Sugahara T., Kawakubo A., Masuda S., Aogi K. and Kato K.:Preparation of lectin-immobilized vesicle and the functions of both biodistribution and antitumor effect of the vesicle in vivo., 3rd International Symposium on Membrane Stress Biotechnology, (Nov. 4, Osaka) 
  14. Omokawa Y., Akiyama K., Sugahara T., Kawakubo A., Masuda S., Nose M. and Kato K.:Antitumor effect against human colon cancer in vivo by the administration of lectin-immobilized surfactant vesicle., 2nd Vietnamese-Japanese Students' Scientific Exchange Meeting, (Nov. 5, Osaka) 
  15. Kato K., Walde P., Koine N., Imai Y., Akiyama K. and Sugahara T.:Vesicle-membrane formation by self-assembly of ester molecules of non-ionic surfactant., 2nd Vietnamese-Japanese Students' Scientific Exchange Meeting, (Nov. 5, Osaka) 
  16. Sugahara T.:Application of cationic vesicles for gene transfection toward gene therapy., Matsuyama Forum -Liposome Engineering toward a Development of Science and Technology for Human Welfare- (Nov. 7, Matsuyama).
  17. Kato K., Manabe T., Sugahara T., Akiyama K., Omokawa Y., Nose M. and Yamazaki H.:Approach to the Therapy of Human-brain Tumor by Applying Immunovesicle., Matsuyama Forum -Liposome Engineering toward a Development of Science and Technology for Human Welfare- (Nov. 7, Matsuyama).
  18. 加藤敬一・福田祐介・福田勇騎・菅原卓也・秋山浩一・増田晴造・川久保明宏:新規レクチンESA固定化ベシクルの投与によるマウス大腸癌の抗腫瘍効果の動物実験, 日本生物工学会 平成17年度大会.(11月15-17日 筑波)
  19. 菅原卓也:エチゼンクラゲ抽出コラーゲンの免疫増強活性に関する研究, 愛媛大学研究開発支援プロジェクト公開シンポジウム ―愛媛生命科学最前線2005―.(12月2日 松山)

(特許)

  1. 菅原卓也・山内聡・秋山浩一・土居幹治・白石隆介:免疫調節蛋白質の製造方法(特願2005-023467、特開2006-204248)
  2. 菅原卓也・土居幹治・白石隆介:免疫調節作用を有する化合物(特願2005-284301、特開2007-091654)
  3. 菅原卓也・土居幹治・白石隆介:細胞壊死活性を有する化合物(特願2005-284302、特開2007-091655)

(メディア報道)

  1. 朝日新聞四国版、3月24日 「クラゲに美肌効果」
  2. 日本経済新聞 四国版、3月25日 「クラゲから美肌食品 コラーゲン抽出」
  3. 読売新聞 愛媛版、3月31日 「クラゲコラーゲンで免疫活性化」
  4. 読売新聞 香川版、4月6日 「クラゲコラーゲンで免疫力強化」
  5. 毎日新聞 四国版、4月6日 「クラゲのコラーゲンに免疫力」
  6. 毎日新聞 全国版、4月10日 「クラゲで美肌 漁業の大敵 産学の力で女性の見方に」
  7. TBSテレビ イブニング・ファイブ、4月13日 「迷惑エチゼンクラゲに美肌効果」
  8. NHK総合テレビ おはよう日本(四国ローカル)、4月14日 「クラゲで美容食品開発」
  9. NHK総合テレビ ふれスタえひめ(愛媛ローカル)、4月21日 「クラゲで美容食品開発」
  10. 愛媛新聞、5月3日 「共に創る 四国の産学官連携 伝統的食材生かす クラゲからコラーゲン」
  11. 高知新聞、5月8日 「クラゲのサプリメント 医療の利用も期待」
  12. 四国新聞、5月26日 「クラゲのサプリメント 健康的で高い安全性 ヒトの免疫活性化作用も」
  13. FOOD Style 21 6月号 「クラゲコラーゲンの免疫調節活性を確認」
  14. 愛媛新聞、10月16日 「食品加工に付加価値を 県内7社が産学官研究会 愛媛大で毎月研究会」
  15. 健康産業流通新聞、11月28日 「クラゲからコラーゲン抽出 有効利用に関係者は期待」
  16. 毎日新聞、12月7日 「カズノコは体に良い 免疫力を高めるタンパク質含有 産学共同研究で発見」

(その他)

  1. 菅原卓也:動物細胞培養を用いた生理活性物質の機能評価とその利用, 愛媛県食品機能研究会(5月13日)
  2. 菅原卓也:未利用資源の資化を目的としたリグナン類の新規生理活性評価に関する研究, 愛媛大学研究開発支援経費公開ヒアリング(6月17日)
  3. 山内聡・菅原卓也・岡崎百年・岸田太郎・丸山雅史・秋山浩一:リグナン化合物の合成とその生理活性の検定、製品・技術等交流会 ビジネスマッチング2005(10月26日)
  4. 菅原卓也:伊予緋カブ抽出物の免疫調節機能に関する研究, 愛媛県食品機能研究会(10月14日)
  5. T. Sugahara:Application of cationic vesicles for gene transfection toward gene therapy, Matsuyama Forum -Liposome Engineering toward a Development of Science and Technology for Human Welfare- (Nov. 7)