平成18年(2006年)研究業績

(学術論文)

  1. Sugahara T., Nakamoto K. and Hara K.: Immunostimulation effect of the fermented milk on human hybridomas and peripheral blood lymphocytes., Animal Cell Technology: Basic and Applied Aspects, vol. 14, 185-191, 2006.
    (Abstract)
  2. Yamauchi S., Sugahara T., Nakashima Y., Okada A., Akiyama K., Kishida T., Maruyama M. and Masuda T.: Radical and superoxide scavenging activity of matairesinol and oxidized matairesinol., Biosci. Biotechnol. Biochem., 70, 1934-1940, 2006.
    (Abstract), [PubMed 16926506]
  3. Fukuda Y., Sugahara T., Ueno M., Fukuta Y., Ochi Y., Akiyama K., Miyazaki T., Masuda S., Kawakubo A., Kato K.: The anti-tumor effect of Euchema serra agglutinin (ESA) on colon cancer cells in vitro and in vivo., Anti-Cancer Drugs, 17、943-947, 2006.
    (Abstract), [PubMed 16940804]
  4. Kato K., Walde P., Koine N., Imai Y., Akiyama K. and Sugahara T.: Molecular composition of non-ionic vesicles prepared from Span 80 or Span 85 by a two-step emulsification method., J. Disper. Sci. Technol., 27, 1217-1222, 2006.
    (Abstract)
  5. Sugahara T., Ueno M., Goto Y., Shiraishi R., Doi M., Akiyama K. and Yamauchi S.: Immunostimulation effect of the jellyfish collagen., Biosci. Biotechnol. Biochem., 70, 2131-2137, 2006.
    (Abstract), [PubMed 16960386]
  6. Yamauchi S., Sugahara T., Nakashima Y., Abe K., Hayashi Y., Akiyama K., Kishida T., Maruyama M.: Effect of benzylic oxygen on the cytotoxic activity for Colon 26 cell line of phenolic lignans., Biosci. Biotechnol. Biochem., 70, 2942-2947, 2006.
    (Abstract), [PubMed 17151475]

(学会・シンポジウム発表)

  1. 水岡大樹・秋山浩一・菅原卓也・山崎等・増田晴造・青儀健二郎・能勢眞人・宮崎龍彦・加藤敬一:ヒト脳腫瘍治療に用いるイムノベシクルの創製とその担癌マウスの体内動態, 第8回化学工学会学生発表会広島大会. (3月4日 広島)
  2. 竹乗秀樹・秋山浩一・藤原隆・増田晴造・菅原卓也・重川庸介・川久保明宏・能勢眞人・加藤敬一:ヒト大腸癌臨床に用いるESA固定化ベシクルの担癌マウスの体内動態, 第8回化学工学会学生発表会広島大会. (3月4日 広島)
  3. 菅原卓也・篠原祐介・中本勝教・原和志:プロテオースペプトンの免疫調節活性に関する研究, 日本農芸化学会2006年度大会. (3月25-28日 京都)
  4. 仲渡知史・秋山浩一・菅原卓也・山内聡:(7R, 7'R, 8R, 8'S)-virgatusinの立体選択的合成, 日本農芸化学会2006年度大会. (3月25-28日 京都)
  5. 中島由貴・菅原卓也・秋山浩一・山内聡:ベンゾイル基を有するリグナン類の細胞毒性, 日本農芸化学会2006年度大会. (3月25-28日 京都)
  6. 丸山雅史・秋山浩一・菅原卓也・木場洋次郎・山内聡:四置換テトラヒドロフラン型リグナン、virgatusin関連化合物の抗菌活性, 日本農芸化学会2006年度大会. (3月25-28日 京都)
  7. 重川庸介・増田晴造・宮崎龍彦・菅原卓也・秋山浩一・能勢眞人・加藤敬一:ドラッグデリバリーシステムにおけるSpan80ベシクルの血管壁透過現象, 化学工学会第71年会. (3月28-30日 東京)
  8. 加藤敬一・福田祐介・福田勇騎・秋山浩一・菅原卓也・宮崎龍彦・増田晴造・青儀健二郎・川久保明宏:ESA固定化ベシクルの投与によるマウス大腸癌の抗腫瘍効果の動物実験, 化学工学会第71年会. (3月28-30日 東京)
  9. 菅原卓也・後藤洋子・山内聡・秋山浩一・白石隆介・土居幹治:クラゲコラーゲンの免疫調節活性に関する研究, 第10回生物機能研究会. (6月10日 福岡)
  10. Yamauchi S., Akiyama K., Maruyama M., Sugahara T., Kishida T., Nakato T.:Synthesis of optically pure virgatusin, tetra-substituted tetrahydrofuran lignan, and its antifungal and antibacterial activity., 11th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry (August 6-11, Kobe, Japan)
  11. Kato K., Omokawa Y., Akiyama K., Sugahara T., Masuda S., Miyazaki T., Kawakubo A. and Saeki T.:Antitumor effect of novel-lectin-immobilized vesicle, mainly composed of non-ionic surfactant Span80, against the human colon tumor transplanted to a nude mouse., 6th European Symposium on Biochemical Engineering Science(Aug 27-30, Salzburg, Austria)
  12. Kato K., Fukuta Y., Fukuda Y., Sugahara T., Miyazaki T., Akiyama K., Masuda S., Fujiwara T. and Kawakubo A.:Antitumor effect of novel-lectin-immobilized vesicle of nonionic surfactant against Colon26 tumor transplanted to mouse with autoimmune function., 6th European Symposium on Biochemical Engineering Science(Aug 27-30, Salzburg, Austria)
  13. 重川庸介・宮崎龍彦・増田晴造・秋山浩一・菅原卓也・藤原隆・能勢眞人・加藤敬一:担がんマウスにおけるSpan80ベシクルの血管壁透過現象, 日本生物工学会 平成18年度大会. (9月11-13日 大阪)
  14. 菅原卓也・阿部幸喜・白石隆介・土居幹治:カズノコ抽出物の細胞傷害活性に関する研究, 日本農芸化学会中四国支部大会. (9月16日 松山)
  15. 岡田明泰・森岡陽子・中野宏一・中野恵子・菅原卓也:ホワイトソルガム外皮抽出物の細胞傷害活性に関する研究, 日本農芸化学会中四国支部大会. (9月16日 松山)
  16. 森岡陽子・岡田明泰・中野宏一・中野恵子・菅原卓也:ホワイトソルガム外皮抽出物のIgE産生抑制活性に関する研究, 日本農芸化学会中四国支部大会. (9月16日 松山)
  17. 楠本崇之・中野宏一・中野恵子・菅原卓也:ホワイトソルガムの免疫調節機能に関する研究, 日本農芸化学会中四国支部大会. (9月16日 松山)
  18. 仲渡知史・山内聡・秋山浩一・菅原卓也・丸山雅史・岸田太郎:ベンジルメシレートを用いた、抗カビ活性を有する(-)virgatusinの立体異性体の合成と抗カビ活性, 日本農芸化学会中四国支部大会. (9月16日 松山)
  19. 丸山雅史・秋山浩一・仲渡知史・中島由貴・菅原卓也・岸田太郎・木場洋次郎・山内 聡:ジベンジルまたはジベンゾイルを有するラクトン及びテトラヒドロフラン型リグナンの抗菌及び抗カビ活性, 日本農芸化学会中四国支部大会. (9月16日 松山)
  20. 加藤敬一・山本潤一・菅原卓也・秋山浩一・増田晴造・宮崎龍彦・川久保明宏・青儀健二郎:ヒト大腸癌の初期治療に利用する抗癌剤内包Span80ベシクルのマウス投与効果, 化学工学会第38回秋季大会. (9月16-18日 福岡)
  21. 加藤敬一・住吉一輝・菅原卓也・秋山浩一・増田晴造・宮崎龍彦・藤原 隆・青儀健二郎:ヒト脳腫瘍治療をめざしたイムノベシクルの利用とその機能, 化学工学会第38回秋季大会. (9月16-18日 福岡)
  22. Sugahara T., Ueno M., Goto Y., Akiyama K., Yamauchi S., Shiraishi R. and Doi M.:Immunostimulation effect of the jellyfish collagen., The 19th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (Sep. 25-28, Kyoto)
  23. Kato K., Fukuta Y., Sugahara T., Miyazaki T., Akiyama K., Masuda S., Fujiwara T. and Kawakubo A.:Antitumor effect of novel-lectin-immobilized vesicle of nonionic surfactant Span80 against colon tumor transplanted to mouse, 2006 JAPAN/TAIWAN/KOREA Chemical Engineering Conference (Nov. 18-19, kagoshima)

(特許)

  1. 菅原卓也:生理活性物、それを用いた免疫調整活性剤、アレルギー抑制活性剤、抗ガン活性剤、活性酸素消去活性剤、食品、飲料、サプリメントおよび医薬品(特願2006-079787、特開2007-254338)
  2. 菅原卓也・土居幹治・白石隆介:細胞傷害性活性を有する化合物(特願2006-234658、特開2008-056598)

(メディア報道)

  1. 愛媛新聞、1月28日 「抗ガン剤内包の人工細胞注入 ガン増殖を抑制 愛媛大グループ動物実験成功」
  2. 読売新聞、3月30日 「伊予緋カブ 免疫力アップ効果あり 健康食品開発へ」
  3. 愛媛新聞、6月3日 「クラゲコラーゲン免疫活性化機構 遺伝子レベルで解明」
  4. 愛媛新聞、6月15日 「小麦代替ホワイトソルガム アレルギー抑える効果」
  5. 読売新聞、7月5日 「第4の穀物に抗ガン効果 共同研究結果を特許申請」
  6. 愛媛新聞、9月16日 「カズノコに抗ガン物質 マルトモと愛媛大確認」

(その他)

  1. 加藤敬一・菅原卓也・藤原隆・増田晴造・秋山浩一・立石憲彦・鈴木洋司・宮崎龍彦:癌特異標的攻撃機能を有する新規なレクチンESA固定化ベシクルの創製と機能 -ヒト大腸癌治療の実用化を目指して-, 愛媛大学研究開発支援プロジェクト「研究推進ラボ」公開セミナー(3月17日)
  2. 菅原卓也:未利用資源の資化を目的としたリグナン類の新規生理活性評価に関する研究, 愛媛大学研究開発支援経費公開ヒアリング(6月29日)
  3. 菅原卓也:食品の機能性評価に関する研究, 鹿児島大学農学部生理化学セミナー(7月28日 鹿児島市)
  4. 菅原卓也:クラゲコラーゲンの免疫調節活性の作用機構解明と機能性食品素材としての開発, 産学官連携キックオフミーティング(10月13日 松山市)
  5. 山内聡・菅原卓也・岸田太郎・丸山雅史・秋山浩一:リグナン化合物の合成とその生理活性の検定, 製品・技術等交流会ビジネスマッチング2006(10月20日 松山市)
  6. 菅原卓也:ホワイトソルガムの生体調節機能に関する研究, 四国食品健康フォーラム(12月13日 西条市)