平成24年(2012年)研究業績

(学術論文)

  1. Tominaga S., Nishi K., Nishimoto S., Nakashima Y., Akiyama K., Yamauchi S. and Sugahara T.: (-)-Secoisolariciresinol attenuates high-fat diet-induced obesity in C57BL/6 mice., Food Funct., 3, 76-82, 2012.
    [PubMed 22030618]
  2. Kumalasari I.D., Harmayani E., Lestari L.A., Raharjo S., Asmara W., Nishi K. and Sugahara T.: Evaluation of immunostimulatory effect of the arrowroot (Maranta arundinacea. L) in vitro and in vivo., Cytotechnology, 64, 131-137, 2012.
    [PubMed 22038480]
  3. Kanda K., Nishi K., Kadota A., Nishimoto S., Liu M.-C. and Sugahara T.: Nobiletin suppresses adipocyte differentiation of 3T3-L1 cells by an insulin and IBMX mixture induction., Biochim. Biophys. Acta - Gen. Subjects, 1820, 461-468, 2012.
    [PubMed 22172985]
  4. Inui H., Takeuchi T., Uesugi A., Doi F., Takai M., Nishi K., Miyake S. and Ohkawa H.: Enzyme-linked immunosorbent assay with monoclonal and single-chain variable fragment antibodies selective to coplanar polychlorinated biphenyls., J. Agric. Food Chem., 60, 1605-1612, 2012.
    [PubMed 22273439]
  5. Daifuku M., Nishi K., Okamoto T., Nakano H., Nishimoto S. and Sugahara T.: Immunostimulatory effects of water extract from bulbus arteriosus in tuna in vitro., J. Funct. Foods, 4, 263-270, 2012.
    [ScienceDirect]
  6. Putra A.B.N., Morishige H., Nishimoto S., Nishi K., Shiraishi R., Doi M. and Sugahara T.: Effect of collagens from jellyfish and bovine Achilles tendon on the activity of J774.1 and mouse peritoneal macrophage Cells., J. Funct. Foods, 4, 504-512, 2012.
    [ScienceDirect]
  7. Nishi K., Muranaka A., Nishimoto S., Kadota A. and Sugahara T.: Immunostimulatory effect of beta-cryptoxanthin in vitro and in vivo., J. Funct. Foods, 4, 618-625, 2012.
    [ScienceDirect]
  8. Nishi K., Kim I.-H., Itai T., Sugahara T., Takeyama H. and Ohkawa H.: Immunochromatographic assay of cadmium levels in oysters., Talanta, 97, 262-266, 2012.
    [ScienceDirect]
  9. Nishimoto S., Muranaka A., Nishi K., Kadota A. and Sugahara T.: Immunomodulatory effects of citrus fruit auraptene in vitro and in vivo., J. Funct. Foods, 4, 883-890, 2012.
    [ScienceDirect]
  10. Daifuku M., Nishi K., Okamoto T., Nishimoto S. and Sugahara T.: Immunomodulatory effects of lactate dehydrogenase in vitro and in vivo., J. Funct. Foods, 4, 972-978, 2012.
    [ScienceDirect]
  11. Kim I.-H., Nishi K., Kasagami T., Morisseau C., Liu J.-Y., Tsai H.-J. and Hammock B.D.: Biologically active ester derivatives as potent inhibitors of the soluble epoxide hydrolase., Bioorg. Med. Chem. Lett., 22, 5889-5892, 2012.
    [PubMed 22901393]
  12. Kurogi K., Alazizi A., Liu M.-Y., Sakakibara T., Suiko M., Sugahara T. and Liu M.-C.: Concerted actions of the catechol o-methyltransferase and the cytosolic sulfotransferase SULT1A3 in the metabolism of catecholic drugs., Biochem. Pharmacol., 84, 1186-1195, 2012.
    [PubMed 22917559]
  13. Nishiwaki H., Ouchi M., Matsugi J., Akiyama K., Sugahara T., Kishida T. and Yamauchi S.: Effect of substituents at phenyl group of 7,7'-dioxo-9,9'-epoxylignane on antifungal activity., Bioorg. Med. Chem. Lett., 22, 6740-6744, 2012.
    [PubMed 23017887]
  14. Park S.-Y., Lee H.-J., Song J.-M., Sun J., Hwang H.-J., Nishi K. and Kim J.-S.: Structural characterization of a modification subunit of a putative type I restriction enzyme from Vibrio vulnificus YJ016., Acta Crystallogr. D, 68, 1570-1577, 2012.
    [PubMed 23090406]
  15. 田中 守・山岸賢司・菅原卓也・廣内智子・岡本威明:ラット好塩基球様細胞株RBL-2H3の脱顆粒に及ぼすカゼイン由来ペプチドおよび関連アミノ酸の影響, 日本食品科学工学会誌, 59, 556-561, 2012.

(著書・総説)

  1. 菅原卓也・門田 歩:温州ミカン果皮成分の免疫促進活性, 月刊FOOD STYLE21, 16, 45-47, 2012.
  2. 菅原卓也・川合研兒・大嶋俊一郎:第13章 柑橘成分の生体調節機能, 食と健康を支援する 第2集, p. 153-166.
  3. 菅原卓也・岡本威明:ブリ心臓でヒトの免疫促進 〜加工残渣の有効活用〜, 月刊養殖, 49, 30-33, 2012.
  4. 菅原卓也:第2編 細胞培養法による製造 第4章 高密度培養法, バイオ医薬品製造の効率化と生産基材の開発, p. 55-60.

(学会・シンポジウム発表)

  1. 岡本威明・田中 守・山岸賢司・菅原卓也:ラット好塩基球様細胞株RBL-2H3の脱顆粒に及ぼすミルク由来ペプチドの影響, 第64回日本家政学会大会 (5月11-13日 大阪)
  2. 西 甲介・金 仁惠・板井啓明・菅原卓也・竹山春子・大川秀郎:イムノクロマト法による牡蠣中カドミウムの測定, 日本農芸化学会中四国支部第33回講演会, 要旨集 p. 29 (6月2日 松山)
  3. 石田萌子・西 甲介・渡辺 久・菅原卓也:ホウレンソウ抽出物の脱顆粒抑制効果に関する研究, 日本農芸化学会中四国支部第33回講演会, 要旨集 p. 20 (6月2日 松山)
  4. 大田美和・西 甲介・門田 歩・菅原卓也:ノビレチンの脂肪細胞分化抑制効果と脂質代謝に与える影響, 日本農芸化学会中四国支部第33回講演会, 要旨集 p. 27 (6月2日 松山)
  5. 大福美帆・西 甲介・岡本威明・菅原卓也:乳酸脱水素酵素のマクロファージ活性化機構に関する研究, 日本農芸化学会中四国支部第33回講演会, 要旨集 p. 28 (6月2日 松山)
  6. 安永 翔・西本壮吾・西 甲介・菅原卓也:メトキシクロルのアレルギー惹起に関する研究, 日本農芸化学会中四国支部第33回講演会, 要旨集 p. 29 (6月2日 松山)
  7. 松浦茉佑・西脇 寿・原 有助・菅原卓也・山内 聡・首藤義博:クサカゲロウ由来の麻痺活性物質, 日本農芸化学会中四国支部第33回講演会, 要旨集 p. 36 (6月2日 松山)
  8. 水重貴文・岸田太郎・菅原卓也・海老原 清:ハマチ内臓残渣由来魚油のラット耐糖能および脂質代謝に及ぼす影響, 日本農芸化学会中四国支部大会 (9月22日 宇部)
  9. Sugahara T., Nakata Y., Nishi K. and Nishimoto S.: Studies on immunotoxicity of o-phenylphenol (OPP) and metabolite., The 25th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2012), Abstract p. 140 (November 27-30, Nagoya)
  10. Kumalasari I.D., Nishi K., Harmayani E., Raharjo S. and Sugahara T.: Immunostimulatory activity of bengkoang (Pachyrhizus erosus L. Urban) fiber extracts on lymphocytes and macrophages., The 25th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2012), Abstract p. 143 (November 27-30, Nagoya)
  11. Ishida M., Nishi K., Watanabe H. and Sugahara T.: Inhibitory effect of aqueous spinach extract on degranulation of RBL-2H3 cells., The 25th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2012), Abstract p. 144 (November 27-30, Nagoya)
  12. Putra A.B.N., Morishige H., Nishimoto S., Nishi K., Shiraishi R., Doi M. and Sugahara T.: Studies on the immunostimulatory effects of jellyfish collagen on macrophage., The 25th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2012), Abstract p. 145 (November 27-30, Nagoya)
  13. Okamoto T., Tanaka M., Yamagishi K., Tone S. and Sugahara T.: Impact of peptide from casein and peptide-related amino acid on degranulation in rat basophilic leukemia cell line RBL-2H3., The 25th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2012), Abstract p. 129 (November 27-30, Nagoya)

(特許)

  1. 加藤敬一・小稲則夫・菅原卓也:脂質ベシクルおよび脂質ベシクルの製造方法(特許第4928689号)(2012年2月17日登録)
  2. 菅原卓也・土居幹治・白石隆介:細胞壊死活性のための有機溶媒画分(特許第4974020号)(2012年4月20日登録)
  3. 菅原卓也・土居幹治・白石隆介:細胞傷害性活性を作用させるための水溶性画分(特許第5137098号)(2012年11月22日登録)

(メディア報道)

  1. 愛媛新聞、1月31日 「養殖研究3年の成果 文部科学省補助金事業宇和島で報告会」

  2. みなと新聞、2月2日 「イノベーションシステム整備事業で成果報告」

  3. 朝日新聞、2月3日 「幻の魚 マハタよ育て えさにミカン/ミシュラン一つ星シェフとコラボ」

  4. 南海放送 News チャンネル4、2月29日 「みかん食べたマハタ食べた ひめ柑育ちマハタ」

  5. 読売新聞、5月9日 「ミカン食べ マハタ美味 愛媛大と養殖業者 身に弾力、臭み減少確認」

  6. NHK松山放送局 いよxイチ、5月9日 「高校生考案のマハタ料理試食会 ひめ柑育ちマハタ」

  7. あいテレビ NEWSキャッチあい、5月9日 「高校生が開発マハタ丼 ひめ柑育ちマハタアラを有効活用」

  8. 愛媛朝日テレビ スーパーJチャンネルえひめ、5月9日 「高校生が高級魚で作ったマハタ飯 ひめ柑育ちマハタ」

  9. テレビ愛媛 EBCスーパーニュース、5月9日 「マハタの新メニュー開発 ひめ柑育ちマハタ」

  10. 読売新聞、5月10日 「マハタ あら うまい 宇和島水産高生が丼考案」

  11. 愛媛新聞、5月11日 「養殖マハタで新ご飯 宇和島水産高生 販売目指し試食会」

  12. 毎日新聞、5月12日 「生徒3人が開発 マハタ飯試食 宇和島水産高」

  13. 産経新聞、5月21日 「愛媛・宇和島水産高生ら考案 マハタのアラ 丼に」

  14. 週間愛媛経済レポート、6月18日付 「県認定漁業士(協)「ひめ柑育ちマハタ」今秋投入 産官学で研究開発、シリーズ化も」

  15. 愛媛新聞、8月11日 「ひめ柑育ち ブランド化へ認定委を設立 愛媛大・養殖業者」

  16. 愛媛朝日テレビ スーパーJチャンネルえひめ、9月19日 「愛媛大学プロジェクト ひめ柑マハタの新メニュー完成」

  17. あいテレビ NEWSキャッチあい、9月19日 「新メニュー 内臓を活用 マハタ料理の味は?」

  18. 南海放送 チャンネル4、9月19日 「ひめ柑育ちマハタ 普及に向け新メニュー」

  19. NHK松山放送局 おはようえひめ、9月20日 「みかんで育てたマハタ試食会」

  20. 愛媛新聞、9月20日 「ひめ柑育ち 学生考案マハタ料理 愛媛大で試食会 内臓やアラ使い3品」

  21. 日本経済新聞、9月20日 「養殖マハタのアラや内臓 捨てずに料理に活用 愛媛大生が開発、学生祭へ」

  22. 日本農業新聞、9月20日 「ミカン果皮与えたひめ柑育ちマハタ 内臓料理もいける 愛媛県認定漁業士 愛媛大学が連携 ブランド化へ」

  23. 産経新聞、9月24日 「マハタ内臓までおいしく 愛媛大の学生ら料理考案」

  24. 毎日新聞、10月3日 「食のかたち ひめ柑育ちマハタ料理 アラや内臓も有効活用 販路拡大へ愛大生考案」

  25. 日本食糧新聞、10月17日 「食品開発展 ソルガムと大麦紹介 機能性食品へ活用期待 アメリカ穀物協会」

  26. TBSテレビ はなまるマーケット、11月9日 「愛媛大学学生祭 ミカンを食べて育てた高級魚マハタを使った料理」

  27. パンニュース、11月15日 「アレルギー抑制効果など検証 ソルガムテーマにパネルディスカッション アメリカ穀物協会」

  28. 愛媛新聞、12月3日 「経済えひめ流 産学タッグ成果着々 企業の商品開発後押し 愛媛大 社会連携推進機構 設立8年」

(受賞)

(その他)

  1. 菅原卓也:まつやま発の機能性食品を創ろう 〜食による産学官連携〜, 松山食文化検証報告 p. 8, 社団法人松山市青年会議所
  2. 菅原卓也:未利用バイオマス飼料化技術の開発, 平成23年度イノベーションシステム整備事業研究発表会 (1月30日 宇和島)
  3. 菅原卓也:リグナン類の生理活性に関する研究, 第6回愛媛大学医農連携セミナー(3月7日 東温)
  4. 菅原卓也:野菜乾燥粉末の生理機能評価, 平成23年度「機能性を活かした農産物の粉末化と加工食品の開発」検討会 (3月8日 松山)
  5. 菅原卓也:マグロ内臓を利用した機能性食品開発, 平成22年度 愛媛大学産学連携促進事業研究成果発表会 (3月19日 松山)<講演資料
  6. 菅原卓也・門田 歩:温州ミカン果皮成分の免疫促進効果の解明とその有効利用に関する研究, 愛媛大学境連携推進機構 研究成果報告書, 5, p.26-31(3月)
  7. 菅原卓也:柑橘成分、特にβクリプトキサンチンの免疫促進効果, 国際食品素材/添加物展・会議/ヘルスフードエキスポ(ifia Japan 2012/HFE Japan 2012) (5月23-25日 東京)<講演資料
  8. 西 甲介:抗体を使って有害物質を測る, 日本農芸化学会中四国支部 創立10周年記念 第18回市民フォーラム, 要旨集 P. 6-8 (5月26日 松山)
  9. 菅原卓也:食べて健康になる方法, 愛媛県立松山北高等学校 高・大・地域連携講座 高大連携プログラムによる出張講義 (7月5日 松山市) <講義資料
  10. 菅原卓也:マグロ内臓を利用した機能性食品開発, 平成24年度研究員交流サロン (7月17日 松山市) <講演ポスター
  11. 菅原卓也:ひめ柑育ちブランド認定委員会 (8月10日 宇和島市) 
  12. 菅原卓也:食品の機能性について, 平成24年度愛媛大学教員免許状更新講習 (8月22日 松山市) 
  13. 菅原卓也:野菜乾燥粉末の生理機能評価, 機能性を活かした農産物の粉末化と加工食品の開発 平成24年度中間検討会 (8月28日 松山市) 
  14. 菅原卓也:ひめ柑育ちマハタプロジェクト 学生開発メニュー試食会 (9月19日 松山市) 
  15. 菅原卓也:ホワイトソルガムのアレルギー抑制効果, 食品開発展2012 (10月4日 東京)<講演資料> 
  16. 菅原卓也:ホワイトソルガムの健康機能, 食品開発展2012 (10月5日 東京)<講演資料> 
  17. 菅原卓也:食べて健康になる方法, 香川県立高松桜井高等学校 大学訪問 模擬授業 (10月16日 松山市)
  18. 菅原卓也:食品の機能性解明による農林水産業の活性化, 第21回愛媛農林水産賞贈呈式 記念講演(10月24日 松山市)<講演資料
  19. 菅原卓也・西 甲介:松山南高等学校SSH事業 愛媛大学研究室体験 機能性食品の機能性評価法 (10月31日-11月1日 農学部)
  20. 菅原卓也:食品開発における栄養と機能, 平成24年度えひめ新事業創出人材育成講座 (11月10日 八幡浜市)