平成28年(2016年)研究業績

(学術論文)

  1. Wukirsari T., Nishiwaki H., Nishi K., Sugahara T., Akiyama K., Kishida T. and Yamauchi S.: Effect of the structure of dietary epoxylignan on its cytotoxic activity: relationship between the structure and the activity of 7,7'-epoxylignan and the introduction of apoptosis by caspase 3/7., Biosci. Biotechnol. Biochem., 80, 669-675, 2016.
    [PubMed 26786026]
  2. Yasunaga S., Kadota A., Kikuchi T., Kubo C., Nishi K. and Sugahara T.: Effect of concurrent administration of nobiletin and β-lactoglobulin on the symptoms of Japanese cedar pollinosis models in mice., J. Funct. Foods, 22, 389-397, 2016.
    [ScinceDirect]
  3. Yamauchi S., Tanimura R., Nishiwaki H., Nishi K., Sugahara T., Maruyama M., Ano Y., Akiyama K. and Kishida T.: Enantioselective syntheses of both enantiomers of 9'-dehydroxyimperanene and 7,8-dihydro-9'-dehydroxyimperanene and the comparison of biological activity between 9-norlignans and dihydroguaiaretic acids., Bioorg. Med. Chem. Lett., 26, 3019-3023, 2016.
    [PubMed 27210431]
  4. Tamura M., Hori S., Nakagawa H., Yamauchi S. and Sugahara T.: Effects of an equol-producing bacterium isolated from human feces on isoflavone and lignan metabolism in mice., J. Sci. Food Agr., 96, 3126-3132, 2016.
    [PubMed 26455424]
  5. Ishida M., Ose S., Nishi K. and Sugahara T.: Immunostimulatory effect of spinach aqueous extract on mouse macrophage-like J774.1 cells and mouse primary peritoneal macrophages., Biosci. Biotechnol. Biochem., 80, 1393-1402, 2016.
    [PubMed 27095137]
  6. Kamiya H., Ito M., Nishi K. and Harashima H.: In vivo selection of active deoxyribonucleoside kinase by a mutagenic nucleoside analog., J. Biotechnol., 228, 52-57, 2016.
    [PubMed 27131895]
  7. Awane S., Nakamoto M., Nishi K., Osajima K., Suemitsu T. and Sugahara T.:Inhibitory effects of enzyme-treated dried sardine extract on IgE-mediated degranulation of RBL-2H3 cells and a murine model of Japanese cedar pollinosis., RSC Advances, 6, 85718-85726, 2016.
  8. Yasunaga S., Domen M., Nishi K., Kadota A. and Sugahara T.:Nobiletin suppresses monocyte chemoattractant protein-1 (MCP-1) expression by regulating MAPK signalling in 3T3-L1 cells., J. Funct. Foods, 27, 406-415, 2016.
    [ScinceDirect]
  9. Fujiwara T., Nishida N., Nota J., Kitani T., Aoishi K., Takahashi H., Sugahara T. and Hato N.: Efficacy of chlorophyll c2 for seasonal allergic rhinitis; single-center double blind randomized control trial., Eur. Arch. Oto Rhino Laryngol., 273, 4298-4294, 2016.
    [PubMed 27277115]
  10. Wijanarti S., Putra A.B.N., Nishi K., Harmayani E. and Sugahara T.: Immunostimulatory activity of snake fruit peel extract on murine macrophage-like J774.1 cells., Cytotechnology, 68, 1737-1745, 2016.
    [PubMed 26482737]

(著書・総説)

  1. 菅原卓也:「ミカン果皮の機能性と商品開発」, 食品と開発, 51(10), 64-66, 2016.
  2. 菅原卓也:「愛媛大学における機能性食品開発」, 栄養教諭, 45(10), 42-45, 2016.
  3. 菅原卓也:「愛媛の柑橘果皮を活用した機能性食品開発」, 地方創生に関わる生物工学の取り組み ー日本各地の活動とネットワークの必要性ー, 日本生物工学会編, 58-60, 2016.

(学会・シンポジウム発表)

  1. 竹國千尋・西 甲介・福田直大・玉井敬久・菅原卓也:河内晩柑果皮水溶性抽出物の抗炎症作用に関する研究, 日本農芸化学会2016年度大会, 要旨 4E095 (2016年3月27-30日 札幌市)

  2. 庄司有璃子・谷村僚亮・西脇 寿・西 甲介・菅原卓也・山内 聡:9-norlignanの7位のphenyl基上の構造と細胞毒性活性との関係, 日本農芸化学会2016年度大会, 要旨 3B094 (2016年3月27-30日 札幌市)

  3. 越智吉明・トゥッティ ウキルサリ・西脇 寿・西 甲介・菅原卓也・山内 聡:マタイレジノール誘導体緒細胞毒性, 日本農芸化学会2016年度大会, 要旨 3B095 (2016年3月27-30日 札幌市)

  4. 福田直大・玉井敬久・永田洋子・菅 忠明・門家重治・菅原卓也・菊池泰三・門田 歩:温州ミカン果皮及び摘果ポンカン配合ヨーグルト中のノビレチンの分析, 日本農芸化学会2016年度大会, 要旨 3E051 (2016年3月27-30日 札幌市)

  5. 西本壮吾・佐々木藍美・平野里枝・恩田浩幸・菅原卓也:香辛料による免疫賦活効果の検討, 日本農芸化学会2016年度大会, 要旨 3E111 (2016年3月27-30日 札幌市)

  6. 細谷美沙・恩田浩幸・西 甲介・西本壮吾・菅原卓也:パクチーエタノール抽出物のHeLa細胞に対する細胞増殖抑制効果に関する研究, 日本農芸化学会中四国支部例会第45回講演会, 要旨集 p.22 (2016年6月11日 高松市)

  7. 石田萌子・國廣菜波・西 甲介・恩田浩幸・西本壮吾・菅原卓也:コリアンダー(Coriandrum sativum L.)種子水溶性抽出物の免疫賦活活性に関する研究, 日本農芸化学会2016年度中四国支部大会 (2016年9月15-16日 高知市)

  8. 水崎 愛・西 甲介・玉元武司・菅原卓也:パッションフルーツ種子エタノール抽出物のIgE産生抑制効果に関する研究, 日本農芸化学会2016年度中四国支部大会 (2016年9月15-16日 高知市)

  9. 中田晶大・西 甲介・門田 歩・菅原卓也:温州ミカン果皮水溶性抽出物の抗アレルギー効果に関する研究, 日本農芸化学会2016年度中四国支部大会 (2016年9月15-16日 高知市)

  10. 粟根聖次・石田萌子・西 甲介・長野正信・橋口和典・藤井 暁・菅原卓也:黒酢のスギ花粉症症状緩和効果に関する研究, 日本農芸化学会2016年度中四国支部大会 (2016年9月15-16日 高知市)

  11. 菅原卓也:カカオ抽出物の免疫機能に及ぼす効果, 第21回チョコレート・ココア国際栄養シンポジウム (2016年9月16日 東京)

  12. 菅原卓也:ミカンの皮の驚くべき健康効果 〜花粉症対策機能性食品の開発〜, 日本家政学会中国・四国支部/日本調理科学会中国・四国支部合同公開講演会 (2016年10月1日 松山市)

  13. 石田萌子・細谷美沙・西 甲介・恩田浩幸・西本壮吾・菅原卓也:パクチー葉部エタノール抽出物のHeLa細胞に対する細胞増殖抑制効果と作用機序の解明, 第31回 日本香辛料研究会学術講演会 (2016年10月9-10日 長浜市)

  14. Sugahara T., Matsumoto S. and Nishi K.: Effect of lysozyme on RAW264.7 cells stimulated by lipopolysaccharide., The 17th International Biotechnology Symposium and Exhibition (IBS2016), (October 24-27, Melbourne, Australia)

  15. Ishida M., Shinohara K., Kunihiro N., Nishi K., Osajima K., Suemitsu K. and Sugahara T.: Immunostimulatory effect of dried bonito extract on mouse macrophage-like J774.1 cells and mouse peritoneal macrophages., The 17th International Biotechnology Symposium and Exhibition (IBS2016), (October 24-27, Melbourne, Australia)

  16. Tagashira A., Okamoto T., Yamauchi A., Nakano K., Nishi K. and Sugahara T.: Effects of 3-phenylamino-L-alanine (PAA) and 4-aminophenol (4-AP) on chemotaxis and expression of chemokine receptors in human eosinophils., The 17th International Biotechnology Symposium and Exhibition (IBS2016), (October 24-27, Melbourne, Australia)

  17. Onda H., Kunihiro N., Ishida M., Nishi K. and Sugahara T.: Immunostimulatory effect of dried coriander seed extract on mouse macrophage-like RAW264.7 cells and mouse peritoneal macrophages., The 17th International Biotechnology Symposium and Exhibition (IBS2016), (October 24-27, Melbourne, Australia)

  18. Nishimoto S., Sasaki A., Onda H. and Sugahara T.: Effect of major spice extracts on response of mammalian immune cells., The 17th International Biotechnology Symposium and Exhibition (IBS2016), (October 24-27, Melbourne, Australia)

  19. Nishi K. and Sugahara T.: Functional Foods with the antiallergy activity., The 29th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2016), Abstract p. 14 (November 9-12, Kobe)

  20. Inoue E., Kondo M., Nishi K. and Sugahara T.: Anti-allergic effect of Awabancha-tea., The 29th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2016), Abstract p. 158 (November 9-12, Kobe)

  21. Mizusaki Ai, Nishi K. and Sugahara T.: The suppressive effect of ethanol extract from passion fruit seeds on IgE production., The 29th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2016), Abstract p. 159 (November 9-12, Kobe)

  22. 菅原卓也:ポリメトキシフラボノイドの抗アレルギー効果, 第14回機能性食品医用学会総会 シンポジウム「柑橘類由来ポリメトキシフラボノイドの機能性表示食品としてのポテンシャル」, 要旨集 p. 206-207 (2016年12月10-11日 東京)

(特許)

  1. 菅原卓也・門田 歩・菊池泰三:抗アレルギー用経口組成物(特願2016-085996) (2016年4月22日出願)

  2. 四国乳業株式会社・愛媛大学・伊方サービス株式会社:N+ (エヌプラス)(商標第5849663号) (2016年5月13日登録)

  3. 菅原卓也・門田 歩・山内 聡・西脇 寿:免疫蛋白質の産生促進剤(特許第5981114号) (2016年8月5日登録)

  4. 菅原卓也・門田 歩・菊池泰三:抗アレルギー用経口組成物(特許第6000206号) (2016年9月6日登録)

  5. 菅原卓也・恩田浩幸:マクロファージ活性化剤及びマクロファージ活性化用食品組成物(特願2016-179217) (2016年9月14日出願)

(メディア報道)

  1. 愛媛新聞(2016年1月28日付) 「石鎚黒茶効能アピール 愛媛大など機能性研究紹介」

  2. NHK松山放送局 四県対抗しこクイズ 食物系高校対決(2016年1月29日) 「ミカン果皮とヨーグルトの組み合わせによる効果的な花粉症対策」

  3. 愛媛朝日テレビ スーパーJチャンネルえひめ(2016年2月4日) 「去年の2倍のつらさ!? 県内花粉症最新事情」

  4. 日本テレビ 世界一受けたい授業(2016年2月6日) 「最新研究でわかってきた花粉症対策の新事実」

  5. 日本テレビ スッキリ!!(2016年2月8日) 「花粉症対策 ヨーグルト&ミカンの皮」

  6. 関西テレビ ゆうがたLIVE ワンダー(2016年2月15日) 「イマ知り! 今からでも間に合う花粉症対策」

  7. OBS大分放送ラジオ スタート!モーニングメッセージ(2016年2月15日) 「花粉症対策 健康習柑ピールdeゼリー」

  8. OBS大分放送テレビ イブニングニュース(2016年2月16日) 「健康習柑ピールdeゼリー」

  9. TBSテレビ クイズ! ものしりさん(2016年2月26日) 「柑橘の花粉症緩和効果」

  10. OBS大分放送ラジオ Bingo(2016年3月7日) 「健康習柑ピールdeゼリー」

  11. 大分合同新聞(2016年3月15日付) 「大分情報発新 クロレラ本社ピールdeゼリー 大学の研究成果を商品化」

  12. 西日本新聞(2016年4月14日付) 「かんきつ類の果皮再活用 商品開発の分野で注目 産学連携研究も」

  13. あいテレビ Newsキャッチあい(2016年6月16日) 「可能性広がる乳酸菌の世界」

  14. NHK松山放送局 ひめポン!(2016年7月20日) 「産後うつ予防に牛乳が効果?」

  15. あいテレビ Newsキャッチあい(2016年7月21日) 「食と健康寿命 理想の食事とは…」

  16. 愛媛新聞(2016年9月27日付) 「愛媛農林水産賞 優秀賞1団体、奨励賞1団体、技術開発賞1個人選出」

  17. あいテレビ NEWSキャッチあい(2016年10月25日) 「西条の幻のお茶 伝統と健康パワーを受け継ぐ」

  18. 愛媛新聞(2016年11月1日付) 「愛媛農林水産賞 技術開発賞 かんきつ果皮と乳成分着目 食品開発 花粉症緩和も」

  19. 愛媛朝日テレビ スーパーJチャンネルえひめ(2016年11月10日) 「愛媛特産じゃこ天が進化!? 新感覚!パリッと食感 産官学が共同開発」

  20. 南海放送 Newsチャンネル4 every(2016年11月10日) 「愛媛土産の新定番!? ”圧焼きじゃこ天”って何?」

  21. NHK松山放送局 ひめポン!(2016年11月10日) 「じゃこ天新商品を大学・企業で開発」

  22. 毎日新聞(2016年11月11日付) 「食感パリッと 圧焼きじゃこ天 愛媛大など開発」

  23. 愛媛新聞(2016年11月11日付) 「じゃこ天なのにパリッ ミカンの皮混ぜ「圧焼き」 愛媛大 県や水産加工業者と開発」

  24. 南海放送 えひめのクイズバラエティSHOW Qクエ(2016年11月26日) 「知ってるようで知らない愛媛大学探検」

(受賞)

  1. 佐々木智子:日本農芸化学会中四国支部学生奨励賞(修士), 日本農芸化学会中四国支部(2016年3月24日)

  2. 細谷美沙:日本農芸化学会中四国支部学生奨励賞(学部), 日本農芸化学会中四国支部(2016年3月24日)

  3. 菅原卓也:愛媛農林水産賞 技術開発賞, 愛媛新聞社(2016年11月1日)

  4. 大野一仁・福田直大・玉井敬久・永田洋子・菅原卓也・白石 敦・原 祐子・菊池泰三・門田 歩:平成28年度全国食品技術研究会賞 優秀賞, 国立研究開発法人農業・食品産業総合研究機構(2016年11月1日)

  5. Ai Mizusaki: JAACT2016 Kobe Best Poster Presentation Award, JAACT2016 Kobe(November 12, 2016)

  6. Eri Inoue: JAACT2016 Kobe Best Poster Presentation Award, JAACT2016 Kobe(November 12, 2016)

(その他)

  1. 菅原卓也:発酵茶のもつ健康機能性, 「石鎚黒茶と四国の発酵茶」フォーラム (2016年1月24日 西条市)

  2. 菅原卓也:水産物のブランド戦略, 平成27年度水産イノベーションスキル修得講座 (2016年2月6日 宇和島市) 

  3. Sugahara T., Kondo M. and Nishi K.: Anti-allergic function of microbial-fermented tea, Ishiduchi black tea, 国際シンポジウム 発酵茶に関する複合領域的研究 (2016年3月25日 南国市)

  4. 菅原卓也:新居浜工業高等専門学校 大学説明会 (2016年4月15日 新居浜市)

  5. 菅原卓也:柑橘成分の機能性とそれを活用した商品開発, 徳島科学技術高等学校 大学訪問 模擬授業 (2016年4月27日 松山市)

  6. 菅原卓也:Nプラスヨーグルト! 花粉症緩和に効果あり!?, JA厚生連健康まつり2016 らくれん健康セミナー (2016年5月8日 松山市)

  7. 菅原卓也:柑橘成分の抗アレルギー効果と商品開発, 第4回食品健康科学セミナー/第12回医食農連携プラットフォーム研究会 (2016年5月15日 松山市)

  8. 菅原卓也:柑橘成分の抗アレルギー効果とそれを活用した商品開発, 2016年度第39回日本ライセンス協会年次大会 招待講演 (2016年7月1日 松山市)

  9. 菅原卓也:西条地域における食品の機能性研究の展開, 愛媛大学地域協働センター西条 開設記念シンポジウム (2016年7月7日 西条市)

  10. 菅原卓也:柑橘成分の機能性評価と機能性食品の開発, 第2回四国食品機能性評価技術研究会 (2016年7月19日 松山市)

  11. 菅原卓也:愛媛大学附属高等学校 大学説明会 (2016年7月21日 松山市)

  12. 菅原卓也:産学官による機能性食品開発, 日本学術会議若手アカデミー公開シンポジウム 世代の知をつなぐ地域創生とイノベーション (2016年7月26日 松山市)

  13. 菅原卓也:柑橘成分の機能性とそれを活用した商品開発, 愛媛県立東温高等学校 高大連携出張講義 (2016年7月29日 東温市)

  14. 菅原卓也・岡本威明・西甲介:第60回農業実験実習講習会 「食品科学に関する実験実習」 (2016年8月1-5日 松山市)

  15. 菅原卓也:健康機能栄養科学特別コースの方向性と発展性, 第1回愛媛大学農学部公開シンポジウム「農学の先端研究 愛媛の食料・生命・環境への展開」 (2016年8月19日 松山市)

  16. 菅原卓也:柑橘成分の健康機能性について, 平成28年度松山市教育研究協議会 栄養職員研修会 (2016年8月22日 松山市)

  17. 菅原卓也:産学官連携による石鎚黒茶の食文化から産業への展開の促進, 愛媛大学COC地域志向教育研究経費(平成27年度) 成果報告会 (2016年8月30日 松山市)

  18. 菅原卓也:尾道高等学校大学訪問 大学説明会 (2016年9月6日 松山市)

  19. 菅原卓也:地域資源の保健機能評価と機能性食品開発, 平成28年度愛媛農林水産業スゴ技マッチング交流会 (2016年9月9日 松山市)

  20. 菅原卓也:香川県立丸亀城西高等学校大学訪問 大学説明会 (2016年9月15日 松山市)

  21. Sugahara T.:The development of functional foods: from bench to mass production., Guest lecture, Indonesia International Institute for Life Science (i3L)(September 27, Jakarta, Indonesia) 

  22. 菅原卓也:香川県立善通寺第一高等学校大学訪問 大学説明会 (2016年9月28日 松山市)

  23. 菅原卓也:柑橘果皮成分の健康機能性について, 食品開発展2016 出展者プレゼンテーション (2016年10月5-7日 東京) 

  24. 菅原卓也:愛媛県立新居浜西高等学校 大学説明会 (2016年10月28日 新居浜市)

  25. 菅原卓也:パッションフルーツの抗アレルギー効果, 平成28年度 四国オープンイノベーションワークショップ in 松山 (2016年11月2日 松山市)

  26. 菅原卓也:食品の健康機能性の解明研究, 松山西中等教育学校大学訪問 模擬授業 (2016年11月15日 松山市) 

  27. 菅原卓也:アマニリグナンの機能性と高含有化, 愛媛大学植物工場研究センター 平成27年度植物工場人材育成プログラムAコース発展編 (2016年11月18日 松山) 

  28. 菅原卓也:愛媛県立大洲農業高等学校 大学説明会 (2016年11月18日 大洲市) 

  29. Sugahara T.:Academic writing and publishing for international journals., Guest lecture, University of Pembangunan Nasional “Veteran” Jawa Timur (December 2, 2016, Surabaya, Indonesia) 

  30. 菅原卓也:「ミカン果皮の添加によりアレルギー症状の緩和が期待できる新製品を紹介します」、アグリビジネス創出フェア出展(2016年12月14-16日 東京) 

  31. Sugahara T.: Immunostimulatory effect of jellyfish collagen., Workshop on Food Function, Pontianak State Polytechnic (December 19, Pontianak, Indonesia)