平成10年(1998年)研究業績

(学術論文)

  1. Miyazaki Y., Nishimoto S., Sasaki T. and Sugahara T.: Spermine enhances IgM productivity of human-human hybridoma HB4C5 cells and human peripheral blood lymphocytes., Cytotechnology, 26: 111-118, 1998.
  2. Sugahara T., Shimizu S., Abiru M., Matsuoka S. and Sasaki T.: A novel function of enolase from rabbit muscle; an immunoglobulin production stimulating factor., Biochim. Biophys. Acta, 1380: 163-176, 1998.
  3. Sugahara T. and Sasaki T.: Inhibition of immunoglobulin production stimulating activity of glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase by nucleotides., Biosci. Biotech. Biochem., 62: 1237-1239, 1998.

(著書・総説)

  1. 菅原卓也:モノクローナル抗体生産性の増強,生物機能研究会誌 Vol.2,18-23,1998.
  2. 菅原卓也:レーザー共焦点顕微鏡による蛍光観察,生物機能研究会誌 Vol.2,60-64,1998.

(学会発表)

  1. 菅原卓也・古谷浩史・佐々木毅:アルコール脱水素酵素の抗体産生促進活性に関する研究,日本農芸化学会大会,講演要旨集 363.
  2. 菅原卓也・村上文精・佐々木毅:リゾチームの抗体産生促進因子としての作用機構に関する研究,第2回生物機能研究会,生物機能研究会誌 Vol. 2, 67.
  3. 岡本威明・菅原卓也・佐々木毅:アルコール脱水素酵素(ADH)の抗体産生促進活性に及ぼすDNAの影響,第2回生物機能研究会,生物機能研究会誌 Vol. 2,68.
  4. 加藤敬一・川嶋真一・菅原卓也・佐々木毅:DDSにおける脂質ベシクル-癌細胞間の細胞融合に関する研究,第13回生体機能関連化学シンポジウム,講演要旨集328.
  5. 加藤敬一・川嶋真一・菅原卓也・佐々木毅:脂質ベシクル-癌細胞間の細胞融合に関する研究 -DDSへの利用を目指して,化学工学会代31回秋季大会,講演要旨集第3分冊 159.