「生物機能研究会シリーズ 1  生物機能研究の進歩 1」

山田耕路監修 生物機能研究会編

アイピーシー


目 次

第1章 食品成分のアレルギー調節機能(九州大学 山田耕路)

第2章 緑茶成分の免疫調節機能 (九州大学 立花宏文)

第3章 ハイブリドーマによるモノクローナル抗体生産性の増強 (愛媛大学 菅原卓也)

第4章 パーフォリンの細胞障害作用とキラーT細胞のパーフォリンに対する自己防御 (宮崎大学 江藤 望)

第5章 ウイルス感染におけるNOの生体防御機能(東海大学 野田敏司)

第6章 ドーパおよびチロシンとそのP関連化合物の硫酸化とその生理機能 (宮崎大学 水光正仁)

第7章 硫酸化による“環境ホルモン”を排泄する機構(宮崎大学 榊原陽一)

第8章 ビタミンB6による遺伝子発現制御機構(鹿児島大学 岡 達三 )

第9章 生体機能を攪乱するステロール過酸化物およびオゾン酸化物の分析技術化(弘前大学 長田恭一)

第10章 植物の耐凍性向上への試み(九州大学 本城賢一)


アイピーシーの本誌紹介ページへ