論文

年が明けてだいぶ日が経ってしまいましたが、今年最初の更新です。

インドネシアのガジャマダ大学との共同研究で実施している、インドネシアの素材であるバンコワン(Bengkoang)の免疫促進効果に関する論文がCytotechnology 誌にアクセプトされました。昨年末にマクロファージに対する効果についての論文がJ.Funct. Foods誌にアクセプトにされたのに続いて、Bengkoangの保健機能の2報目です。

どうなるかと思っていましたが、この実験を実施しているインドネシアからの留学生の学位がかかっているいので無事受理されて良かったです。あとはメカニズムをどこまで解明してくれるかですが、頑張ってもらいましょう。

Comments