論文

乳酸脱水素酵素(LDH)が免疫系の細胞(白血球の一種)であるマクロファージを活性化するという内容の論文がCytotechnologyに受理されました。今年うちの修士を修了して、名古屋大学の博士課程に進学した学生さんの4報目の筆頭著者論文です。うちで進学してたら、もう学位取れてますね。

いろいろあって、Cytotechnologyになりましたが、アクセプトされてよかったです。
Cytotechnologyのインパクトファクターも昨年の1.207から、今年は1.315にちょっとだけ上がりました。

Food and Functionsが1.179から2.694に、J. Funct. Foodsは2.446から2.632に、機能性食品をメインテーマにしている雑誌のIFも昨年からちょっとずつ上昇しています。

Comments